スポンサーリンク

ココシャネル〜スパイとしても暗躍した自由すぎる生涯〜

シャネルというブランドは、世界中でも知らない人はいません。

 

ただブランドを創設したココ・シャネルの生涯はあまり知られていません。

 

今回はそんなあまり知られていない、ココ・シャネルの生涯を紹介します。

 

 

生き方


ココ・シャネルの生き方は、フランス人らしい自由な生き方でした。

 

まずココ・シャネルは一度も結婚していません。

 

またパリに来た理由もあいまいで、愛人(エティエンヌ・バルサン将校)を頼りにしてパリに来ているのです。

 

ナチス

なんと2011年にアメリカで発売された本に、ココ・シャネルはドイツ・旧政権ナチスのスパイだったとの記載がありました。

 

シャネルは長年にドイツ人情報機関のスパイと愛人関係にあったことからいわれているそうです。

参考

ファッション

シャネルのファッションは、地味であることでも有名で、シャネルが生きた時代の女性はコルセットを着るのが主流でしたが、シャネルは男性のスーツを自分でリメイクしたものを着ていました。

 

ライバル

イタリアのデザイナー、エルザ・スキャパレリは、シャネル以上の成功をしたとしてもてはやされた。

そのため、シャネルがエルザのドレスに火をつけたという、ウワサが流れた。

 

名言

ファッションは建築。全体のバランスが重要なの

参考

なんかダサい人って、全体のバランスを考えていないんですよね。

服がダサい人の特徴

 

服を買うときは、常にどの服と合わせるかを考えて買うようにしましょう。

 

シャネルの香水と注意点

おすすめ男モテ香水と会社でもつけられる香水レビュー

シャネルの香水の特徴は、他の香水と比べて強いこと。

 

なので一吹きで十分

 

日本では香水が苦手な人も多いので、シャネルの香水を付けるときは、香水のつけすぎに十分に注意しましょう。

女性用おすすめ香水

 

晩年

晩年のシャネルは、孤独による不安などにより、不眠症に悩まされていました。

1日1本のモルヒネを注射していました。

 

スパイ活動を行っていたため、シャネルの遺体はフランスでは埋葬されず、亡命生活をお送っていたスイスに埋葬されました。

 

死因

シャネルの死因は心臓発作です。

 

参考

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク