スポンサーリンク

服がダサい人の特徴

なんか服がダサい人っていますよね。

今回は服がダサい人の特徴をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

柄頼み

チェック

オタクの代名詞、チェックのシャツ。

 

なんかチェックのシャツを着ればオシャレにみえるって勘違いしていませんか。

 

ボーダー

キョロ充に多いのが、ボーダー。

 

自分はオタクじゃないけど、周りが着てるし無難だしなんとなく流行ってるから?買ったけど、人と被る率が高いのも事実。

 

 

ブランド頼み

Tシャツやジャケットに大きくブランドのロゴが入った服。

自分はこのブランドが好きなんです、というアピールなのかもしれないが、ブランドのロゴが入った服は単なるブランドの広告に過ぎず、着ている人間を引き立てるものではない。

仮にブランドのロゴで寄ってくる人間がいたとしても、その人はブランドなどの表面的な部分しかみない人間の類だろう。

関わりたくない人たちまとめ(マウンティング女子など)

 

全体を意識していない

とりあえず可愛い靴や服は買ったけれども、合わせる服がない、他の服とは合わない、なんてことありませんか?

 

服は全身のコーディネートを考えないで買ってしまうと、せっかくかわいいアイテムもダサく見えてしまうもの。

 

 

オシャレに見せるには?

全身真っ黒い服装でも十分オシャレには見えるのですが、それじゃつまらないという人。

 

主役を一品作る

ベースは真っ黒。

 

だけどカバン、靴、などの小物は派手な色を使う。

 

一番手軽なのはスカーフなどの巻物。

 

これだけで十分におしゃれに見えます。

 

全身のコーディネートを考えながら物を買う

今から、とりあえずかわいいから買うというのは辞めましょう。

 

まとめ

自分が着たい服を着ればいいとは思いますが、ダサく見られたくないという人に参考になればと思います。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク